快办公
17090001343
北京快办公 首页 > 资讯中心 > 日本疫情下的共享办公新趋势

日本疫情下的共享办公新趋势

2021-03-10

      本文节选自《东洋经济》。因新冠影响日本出勤人数较以往减少,共享办公场所与远程办公成为趋势。本文以we work为例,讲述这一状况。本文有较多关于办公的外来词,可以多加注意。


1


    働き方改革やコロナ禍の長期化によって、今オフィスに求められる条件は大きく変わりつつある。業種・業態にもよるが、テレワークや在宅勤務が常態化し、必ずしも全従業員が毎日リアルオフィスに通う必要がなくなったという企業も多い。さらには在宅勤務とリアルオフィスの間をつなぐ「サードプレース」として、コワーキングスペースに大きな注目が集まっている。その最新事情を取材すると、ニューノーマルにぴったりなオフィスの活用法が見えてきた。




重点知识:




译文:

        随着工作方式的改变和新冠疫情的长期化,办公室所需的条件正在发生很大的变化。虽因工种、业态稍有不同,但远程办公和在家办公已经成为常态,很多公司不再强求所有员工每天都要去线下办公室。另外,把共有办公场所作为连接远程办公和线下办公的‘第三场所’,吸引了大量的关注。通过这一领域最新动态了解,我们能够找到新常态下办公室的完美利用方式。


2


     「従業員全員出社」がオフィス設計の前提条件ではなくなってきた昨今。にもかかわらず、従来同様に人数分のスペースをオフィスに確保し続けるのは、コストコントロールの観点から適正とはいえない。

    「固定費削減のためオフィスは縮小したい」「従業員のオフィスに対する満足度を上げたい」「従業員のワーク・ライフ・バランスを実現したい」――。企業の切実なニーズを満たすにはどうしたらいいのか。この難題解決へ果敢に挑んでいるのが、世界38カ国859拠点にコワーキングスペースを展開するWeWork である。

译文:

        现在,“所有员工都必须出勤”已不再是办公室设计的前提条件。然而,从成本控制的角度来看,继续为相同数量的员工保留空间并不合适。企业希望减少办公室的规模,以降低固定成本,提高员工对办公室的满意度,实现员工工作与生活的更好平衡。如何才能满足企业的迫切需求?在全球38个国家运营859个共享工作空间的‘We work’,正在勇敢地迎接解决这一困难。


3


    固定費削減のためリアルオフィスを縮小させる代わりに、WeWork のようなオフィスサービスを利用するのは現実的な選択肢だ。とりわけWeWork は、アクセス面に優れた大都市の一等地に多くの拠点があり、希望すればすぐに入居できるため、ビジネスを遅滞させることがない。もちろん各拠点には、高速インターネットやプリンター、会議室、ドリンクなどの設備が用意されている。



译文:

        作为缩减线下办公规模以降低固定成本的替代,使用We work这样的办公服务是一个可行的选择。尤其是We work,在各大城市的黄金地段有很多的驻点,有不少交通便利的地方,想搬就搬,不会拖累你的商谈。当然,每个地点都配备了高速网络,打印机,会议室,饮料等等。


4


    ただ、一般的なコワーキングスペースやシェアオフィスのようなサービスは、固定の拠点と契約を結ぶか、ドロップイン方式など時間単位での利用をするのが通例だ。コストを比べると後者の単価はどうしても高くなるため、大人数が継続利用する企業の契約は前者が多い。いずれにしても、ビジネスとして利用するのであれば従業員の居住地や行動パターンなどを織り込んだうえで、契約内容をすり合わせることになる。適宜実施される規約改定も含め、利用状況を随時チェックする必要があるなど、それなりに手間がかかるのが難点となっている。



重点知识:




译文:

        但是,一般的协同办公空间和共享空间等服务,通常都是签订是固定地点的合同,或者以小时为单位使用,如投递制。由于后者的单价与前者的成本相比必然较高,所以很多人数多的公司都使用前者的。在任何情况下,如果该服务是用于商业目的,则必须考虑员工的居住地和行动方式后商定合同细节。缺点就是需要花费一定的时间和精力去查看使用的情况,包括及时修改条款。


5


    WeWork も従来は固定拠点との契約が必要だったが、「入居企業に柔軟なオフィスソリューションを提供したい」との思いから、2020年10月末に革新的なプランを生み出した。一定のスペースを貸し出すだけでなく、国内6都市30カ所以上の全拠点を自由に利用できる権利を提供する「All Access(オールアクセス)」というプランだ。ベンチャー企業やスタートアップが入居するイメージが強いWeWork だが、このプランは大企業こそバリューが得られる興味深いソリューションとなっている。利用者1人当たり月額3万9000円(税抜)で、渋谷スクランブルスクエアや丸の内北口、新宿、池袋、名古屋、大阪、福岡などにあるすべての拠点を使える利便性は大きな魅力だといえよう。


译文:

        Wework过去也需要签订有固定地点的合同,但在2020年10月底,公司基于为租户提供灵活的办公解决方案的愿望,制定了一个创新方案。该计划被称为‘All Access’,不仅出租固定的空间,还提供日本6个城市30个以上地点的自由使用权。Wework给人的印象是为初创公司和风险公司提供服务的地方,但这个计划对于能从中获得价值的大公司来说是一个有趣的解决方案。每位用户每月39000日元(不含税),可以使用所有场所,包括涩谷争霸广场,丸之内北口,新宿,池袋,名古屋,大阪,福冈等地,其便利性是一大亮点。

朝阳区-呼家楼/团结湖
1900元/人·月起
查看详情
朝阳区-慈云寺/四惠
2300元/人·月起
查看详情
朝阳区-望京
2800元/人·月起
查看详情
朝阳区-慈云寺/四惠
1800元/人·月起
查看详情
海淀区-中关村
0元/人·月起
查看详情
朝阳区-呼家楼/团结湖
2400元/人·月起
查看详情
朝阳区-国贸
2900元/人·月起
查看详情
朝阳区-三元桥
2336元/人·月起
查看详情
上一篇:元芳,关于共享办公,你怎么看?
下一篇:共享办公市场规模同期下降26%,未来机会在哪?
相关新闻
2020-08-20
2019-03-04
2021-01-12
2020-03-16
2020-10-14
2017-11-06
2020-05-28
2021-01-14
2020-08-14
2020-05-28
热点新闻
2021-08-30
2021-08-19
2020-03-05
2021-08-10
2019-11-14
2020-04-01
2020-01-20
2019-11-14
2019-10-29
2021-09-01
最新资讯
2021-09-26
2021-09-26
2021-09-26
2021-09-24
2021-09-24
2021-09-24
2021-09-24
2021-09-24
2021-09-24
2021-09-24